どんなハーブ?

マロウは代ギリシャ・ローマ時代から、マロウの葉や茎は食用の野菜として利用され、花や葉、根はお茶として利用されてきました。中世になって世界中で栽培されるようになり、現在では様々な種類が存在します。粘液質を豊富に含むため、欧米では昔から風邪による喉の痛みや、咳、それに胃炎や膀胱炎などにもちいれられてきました。また浸出湯は皮膚のトラブル湿布やパックとしても活用されています。 古代では観賞用でしたが、中世に入り薬草として使われるようになりました。

詳細は商品ページへ

マローブルー

1商品

  • < 前
  • 次 >
1件 1-1表示
  • マローブルー マローブルー

    1,188円(税込)

    ウスベニアオイは、風邪による喉の痛みや、咳、肌ケアなどにもちいれられてきました。

  • <
  • 1
  • >
1件 1-1表示
  • < 前
  • 次 >

カテゴリー

営業日カレンダー

2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2018年8月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

電話でのお問い合わせ
10:00-17:00
日曜祝日はお休みをいただいておりますので、出荷は翌営業日以降になります。